各種補助金について

NEW 

グリーン住宅ポイント                                        グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

 

すまい給付金

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設された制度です。消費税率  8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。令和3年12月までに入居完了した住宅が対象です。

 


住宅ローン減税制度
住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減をするための制 度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得 税の額から控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。また、所得税 からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。


地域型住宅グリーン化事業
中小住宅生産者等関連事業者が緊密な連携体制を構築し、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築 物の建設を行う場合、その費用の一部を予算の範囲内において補助する制度です。





倉敷市次世代エコハウス整備促進補助金制度
家庭から排出される温室効果ガスを削減することを目的に認定を受けた住宅を建築する方を対象にした補助金制 度です。

 

補助額  1戸あたり15万円

 

 

 

倉敷市木造住宅耐震診断(現況診断)補助金制度
 昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の耐震診断(現況診断)費の一部を補助する制度です。

耐震診断費用   70,000円/1棟(このうち60,000円補助

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で,耐震診断(現況診断)の結果,倒壊の可能性があると診断された木造住宅の補強計画作成費の一部を補助する制度です。。

補強計画作成費用 70,000円/1棟(このうち60,000円補助

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の耐震改修工事費の一部を補助する制度です。

改修工事補助金 耐震工事費の50%(上限400,000円)

倉敷市介護保険における住宅改修

家庭で自立した生活を続けるため、自宅に手すりの取付けや、段差解消などの小規模な改修を行った時には、20万円を限度に、内9割相当額を払い戻します。

補助額 20万円 /1人(内:18万円または16万円を限度に払い戻します)

住宅改修の工事費用が高額(20万円を超える場合)になった場合等に、倉敷市高齢者等住宅改造補助金交付制度を併用することができる場合があります。

 

 

倉敷市高齢者等住宅改造補助金交付制度

住宅改修の工事費用が高額(20万円を超える場合)になった場合等に、倉敷市高齢者等住宅改造補助金交付制度を併用することができる場合があります。

助成額  最大80万円/1人

戸建住宅用太陽光補助制度(倉敷市)

太陽光エネルギーの活用の促進を図るため、戸建住宅に太陽光発電システムを設置される市民の方を対象とした補助制度です。(新築住宅は対象外。次世代エコハウス補助金制度を参照してください)

 


※変更等ある場合もございますので詳しくは各団体にお問い合わせ下さい。